今年もやります!福岡県行政書士会の法被を着てしゃもじをたたいて目抜き通りをパレード!昨年同様、5月3日の博多どんたく港まつりのパレードに出られます。  博多…

By in 活動報告 on 2014年4月23日

 今年もやります!福岡県行政書士会の法被を着てしゃもじをたたいて目抜き通りをパレード!昨年同様、5月3日の博多どんたく港まつりのパレードに出られます。

 博多支部会員限定ですが、13時よりのパレードで先頭を行く三福神、稚児に続く121年の伝統を誇る博多高砂連(加藤和雄会長代行)の隊列に入ります。

 これが今年の沿道で紹介されるアナウンス原稿です。
「博多高砂連は明治26年に設立されて121年。三福神稚児に続く姿は、博多の町人が黒田城主へ年始に行ったどんたくのルーツである松囃子本来の伝統を今に伝えています。曳台には人形師の中村信喬さん作の木彫の翁と媼の生き人形を載せ、満百三歳の田原副会長を先頭に、次代を担うちびっ子や行政書士会博多支部の会員達も元気に練り歩きます。本なもんのどんたくばよーと見ちゃんなざっせ。皆さんも一緒に楽しんでつかぁーさいや。」
一緒に歩きましょう。気持ちの良かですよ。家族連れも可。
 詳細については支部会員メーリングをご覧になるか、支部長加藤までお問い合わせください。

Comments are closed.